ハーレーでツーリングする爽快感!

陸の王者ハーレーと称えられるハーレーは、初代がこの世に誕生してから100年以上の歴史が刻まれていますが、いまだにその人気が衰えることはありません。

それどころか親子代々のハーレーマニアという人も少なくなく、親子揃ってハーレーのためにバイク整備のためのメカニックを習得したり、チューンナップのワザを競いあったりしているという例も少なくないといいます。

ハーレーといえば新車ならば優に300万円はする代物ですが、それだけの余剰資金を親子2台分貯め込むためには、相当なマイハーレー計画でもない限り実現できるものではありません。

「ハーレーを愛して止まない人たちは、日本全国をツーリングしてまわり、行き着く先のハーレー倶楽部の面々と合流して、5台が10台、10台が20台というふうに、ハーレー一族の数を増殖させていく」のだそうです。

どっしりと構えた巨漢で走る公道では、ハーレー軍団の姿に目を奪われる人ばかり~。

「しかし、そうやって軍団の数が増えていっても、地元からは歓迎のムードのほうが強くて、みんな手を振って挨拶しあったり。

とても気持ちのいい光景なんです」。

そう語ってくれたのは、横浜でハーレー買取の専門業を営むお店の店長さん。

シニアの人たちが中心となったハーレー倶楽部は、みんな紳士然とした人たちばかりで、受け入れる側の好感度はかなり高いといいます。

現在、ハーレーツーリング倶楽部のような公然とした組織は確認されていないようですが、ハーレー買取店にやってくるオーナーたちは、個々にツーリングのサークルをもって楽しんでいるようです。

ハーレー買取にはこちらのサイトがお勧め!⇒ハーレー専門サイト買取実績を誇るバイク王

時代が変わっても、こんなに多くの人たちに愛されるバイクというのは他に例がないでしょう。

ツーリングの爽快感、もう少し早くハーレーの魅力に気づいていたら、ハマっていたかも知れません。